長和町 子ども・子育て支援事業計画

スクリーンショット 2016-09-08 8.43.22 近年、急速に進行する少子化や都市部を中心とする待機児童の増加など、家庭環境や地域における子育てをめぐる環境の著しい変化の中で、これらの変化に対応すべく子育て環境の整備が求められています。
そのため、国においては、平成24年8月に「子ども・子育て支援法」をはじめとする子ども・子育て関連3法を成立させ、次の世代を担う子どもたちが健全に成長できる社会を目指すこととしました。
平成27年度からこれらの法に基づく「子ども・子育て支援新制度」が開始されるにあたり、市町村を実施主体として幼児期の教育・保育の量的・質的確保及び地域における子育て支援の充実を図るために「子ども・子育て支援事業計画」を策定することとなります。
長和町では、これまで次世代育成支援行動計画(前期計画)において、「次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つまち」を基本理念とし、町民、関係機関・団体、行政など多様な主体が協働で子どもの成長過程を総合的に支援する施策を推進してきました。
この行動計画の根拠法である「次世代育成支援対策推進法」が10年延長されたことから、新制度への移行後も、この基本理念を継承しつつ、これまでの取組を適切に評価し、関係分野との連携を深めながら、より実効性の高い子ども・子育て支援の実施に向けたまちづくりを推進するための計画づくりを目指す必要があると考えます。
今後の本町における子どもの育ちや子育てを支援・応援していくにあたっての基本的な考え方は変わらないことから、本計画については、これまで本町が取り組んできた次世代育成に関する施策のうち引き継ぐべき事項を付加するとともに、新たに国から策定を求められている「放課後子ども総合プラン」についても、子ども・子育て支援事業計画と一体的なものとして位置づけた計画とします。

長和町子ども・子育て支援事業計画