○長和町教職員住宅貸付規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、住宅の貸付けに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「住宅」とは、町が教職員の福利厚生施設として設置した住宅及び公立学校共済組合から借り受けた住宅をいう。

(借受け者の資格)

第3条 住宅を借受けできる者は、長和町立小学校の教職員とする。

2 前項の規定にかかわらず、教育長が特に認めた者は、住宅を借り受けることができる。

(借受けの手続)

第4条 住宅を借り受けようとする者は、教職員住宅借受申込書(様式第1号)を教育長に提出し、その承認を受けなければならない。

(貸付料)

第5条 住宅の貸付料は、月額5,000円とする。

(保管及び修繕)

第6条 住宅の保管及び修繕工事は、長和町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行い、その費用は、次条に定めるもののほかは、教育委員会の負担とする。

2 借受者は、住宅について必要な注意を払い、これを正常な状態において維持しなければならない。

3 借受者は、住宅の増築又は模様替えをすることができない。ただし、原状回復又は撤去が容易である場合は、増築(模様替え)工事承認申請書(様式第2号)を提出し、教育長の承認を得て自費で実施することができる。

4 前項の増築又は模様替えに係る部分については、退居の際これを撤去し、又は原状に復さなければならない。ただし、町へ寄附する場合は、この限りでない。

(借受者の費用負担等)

第7条 次に掲げる費用は、借受者の負担とする。

(1) 建具の破損及び家屋内外の小破修理に要する費用

(2) 電気、ガス、水道等の使用料

(3) 廃棄物の処理に要する費用

(4) 畳の表替えに要する費用

2 借受者は、故意又は過失により建物を亡失したときは、その損害を賠償しなければならない。この場合において、損害額は、教育委員会が別に定める。

(借受けの承認の取消し及び住宅の明渡し)

第8条 借受者が次の各号のいずれかに該当するときは、借受けの承認の取消し又は住宅の明渡しを命ずることができる。

(1) 教育長の承認なくして入居したとき。

(2) 住宅を故意に損傷したとき。

(3) 第6条第2項から第4項までの規定に違反したとき。

(4) 正当な理由によらないで1箇月以上住宅を使用しないとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、この規則及びこれに基づく教育長の指示命令に違反したとき。

(住宅の退居)

第9条 借受者が住宅を退居しようとするときは、1週間前までに教職員住宅退居届出書(様式第3号)を教育長に提出し、その住宅について教育長の検査を受けなければならない。この場合において、借受者の負担に属する修理箇所があるときは、修理して退居しなければならない。

(準用)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会の指示により、長和町営住宅条例(平成17年長和町条例第141号)及び長和町営住宅条例施行規則(平成17年長和町規則第88号)の規定を準用する。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の和田村教職員住宅貸付規則(平成10年和田村教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成29年3月22日教委規則第1号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

長和町教職員住宅貸付規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第8号

(平成29年4月1日施行)