スタッフブログ

砂遊び(長門児童館)

10月2日(金)にふれあい館の小さな砂場で、小学校低学年10人が砂をふるいにかけてパウダー状の砂を作って遊びました。その砂を泥団子の最後に擦りつけて、鉄球と見紛う程、上手に泥団子を作ったり、5回もふるいにかけとても細やかな砂を作り、家に持ち帰って、砂時計を作るという子もいました。子どもたちは、パウダー状の砂を触りながら「やわらかい、サラサラする」と楽しそうに話してくれました★