スタッフブログ

空気砲実験(長門児童館)

Print3月24日(木)に気象予報士会会員の柳町英昭さんと小菅 毅さんにお越しいただきました。

大中小の空気砲から煙の輪が飛び出す化学実験を約20人の児童が体験しました。他にも強風装置を使ってしゃぼん玉を飛ばしたり、ドライヤーの風の力でボールを浮かせたり、特殊な装置で30㎝の高さの竜巻を起こして見せてくれました。

午後はペットッボトルとゴム風船で空気を飛ばして遊ぶこともできました。子ども達に感想を聞くと「超楽しかった。また来てほしい」と元気に話してくれました。